保湿が欲しい!乾燥肌向けのオールインワンジェル!人気ランキング!

 

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

の5つのよくあるお肌のお悩みから、おすすめのオールインワンジェルをランキング形式でご紹介します。

 

乾燥肌向けのオールインワンジェルランキング

 

 

メディプラスゲル

 

メディプラスゲル保湿

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

デメリットは?

 

オイリー肌の人は、少しベタつく&コッテリに感じるかもしれません。

 

 

保湿力が売りのオールインワンジェルのため、普通〜乾燥肌向けといえます。

 

【公式】
→https://mediplus-orders.jp

 

ホワイトニングリフトケアジェル・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

妊娠中の時、 シミ増えた!というママさんには最適です。

 

デメリットは?

 

育児で多忙・・・・マッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム

 

エミーノボーテ

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリームは目元や口元の”ハリ”や小じわやクスミが気になる方にピッタリ!

 

デメリットは?

 

返金保証がない点。

 

また、ポンプ式でない点(※好みの問題ですが・・・)
です。

 

【公式】
→http://www.sukoyaka-egao.jp

 

 

ピュアメイジング

 

シミ訴求LP

 

  • 返金保証:30日間全額保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ピュアメイジングはニキビ&シミが気になるあなたに最適なオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”1つで12役(※業界最多)”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

特にありませんが、ややべたつく!と感じる人もいるようです。
※私はそうは思いませんが・・・(汗)

 

 

【ピュアメイジング 公式サイト】
→http://puremazing.jp

 

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

 

美容のQ&A

 

美容が気になるる人

 

 

乾燥肌!考えられる原因は?

 

顔は常に外部の気温や湿度にさらされるため、それらの影響を受けやすいです。特に冬場は乾燥しやすく、それに悩んでいる人は非常に多いです。もともと乾燥肌の人はもちろん、そうでない人も日頃からの保湿ケアが重要です。
顔の乾燥肌で考えられる原因の多くは、保湿ケアが十分でないことです。化粧水と乳液は欠かさず用いているにも関わらず乾燥肌に悩む人は、使い方や使うタイミングを誤っている可能性があります。基本的に洗顔の後は特に乾燥しやすいため、そのタイミングで用いることが大切であり、洗顔が終わった直後に保湿するようにしましょう。
また、外出前に保湿クリームなどで保湿しておくことも重要です。潤いがしっかりとキープできていれば、乾燥した風にあたっても影響が少なくなります。ただし、つけすぎると肌に悪影響を及ぼす可能性があるため、それぞれの保湿ケア用品の適量はしっかりと守るようにしましょう。
体の外部ではなく内部が原因の場合も考えられます。肌の潤いはコラーゲンやヒアルロン酸から成り立っているため、それが不足しているにも関わらず外部からのケアだけ力を入れても効果は薄いです。そのため、基本的には食事から、補助的にサプリメントやドリンクなどを用いて、コラーゲンやヒアルロン酸を補うことも重要です。

 

 

敏感肌の原因は?

 

敏感肌の原因は生まれつきの場合と環境や生活においての後天性のものとがあります。生まれつき肌が弱い人は遺伝による影響が強く関係しています。両親のどちらかが敏感肌の場合、子供も肌が弱いケースがよくあります。しかし敏感肌で悩んでいる方の多くは後天性の割合が高く、原因となる生活環境や習慣を改善することで、症状を緩和することができます。後天性なものには環境が大きく関係しています。春に大気中花粉や黄砂、PM2.5などがにたくさん飛んでいるため、体の免疫が過剰に反応するため敏感肌になりやすくなります。紫外線も関係します。強いひざしに肌がさらされて肌の細胞が破壊されることが原因になります。また夏の暑さによる汗や老廃物が肌に溜まることで肌のターンオーバーが正常にできなくなることが原因になります。湿度も関係します。湿度が低い冬は肌が乾燥しやすく、肌のバリア機能が失われるため敏感肌になりやすくなります。環境以外にも疲労や加齢などが原因で、敏感肌になることがありまが、普段の肌へのケアを十分行うことで防止することができます。紫外線にさらされた後の肌のケア、肌の乾燥の防止など普段から季節の変化に応じた肌のケアが敏感肌になるのを防ぐ方法です。

 

 

シミ・そばかすの原因は?

 

シミやそばかすはメラニンが増加することで発生します。なお、シミは後天的な要素が原因で発生することが多いですが、そばかすは遺伝的な要素の影響も受けやすいです。しかしいずれの場合もメラニンが増加することで濃く目立った状態になります。

 

メラニンを増やす原因は複数あり、まず紫外線の影響が挙げられます。そもそもメラニンは刺激を受けると増加しやすい特徴を持っているのですが、強い刺激を持つ紫外線は肌にとって大敵です。そして年間を通して降り注いでいるのが厄介な点と言えるでしょう。

 

夏場だけに限ったことではないため、年中紫外線対策をするのがシミやそばかすを増やさないためのコツです。
誤ったスキンケアも良くありません。洗顔やクレンジングの時に強く擦る、肌に合わない化粧品を使うなど、これらの刺激もメラニンを増加させます。スキンケアは毎日のことですので、できるだけ負担を減らすやり方で行う必要があります。

 

生活習慣や食生活の乱れによる新陳代謝の低下にも要注意です。本来なら増え過ぎたメラニンは排出されていくのですが、ところが新陳代謝が低下すると排出する能力が低下します。その原因となるのが日頃の生活の乱れですから、思い当たる点は改善することが大切です。

 

 

毛穴の開きやたるみの原因は?

 

毛穴がある皮膚というのは大きく分類すると表皮と真皮そして皮下組織の3つに分かれるのですが、それらを支えているものはコラーゲンなどのたんぱく質でありさらに保水性のヒアルロン酸により潤いと形状をキープしています。

 

このような成分は年齢が高くなる程減っていくため、年々土台が緩んでしまう様子になり最終的にはたるみとして外面に生じます。

 

そうした一連の流れが起こっている時に毛穴も開き始めてしまうため、毛穴の形も変化し引き締める力が損なわれてしまい、たるみが助長されて尚一層垂れて見えるようになります。

 

そのようなたるみが尚更進行すると縦方向に伸びた複数の毛穴が繋がり合ってしまうので、まるで大きなシワが生じたように見えます。

 

特に見舞われやすいのは頬から小鼻の脇にかけてであり、早い方であればまだ若々しさが感じられる30代の半ばから気になり始めます。

 

これらは帯状毛穴と呼ぶのですが、原因は毛穴と肌のたるみと共に角質層にある防水の役目を果たしているバリアが損傷したり、ターンオーバーの働きが落ちてしまうことです。

 

他にも本来なら自然に剥がれ落ちるはずの角質が表皮上に残り続けてしまっている様子も原因になるので、水分を補給して潤いを与えターンオーバーが戻せるように栄養素も与えてあげましょう。

 

 

基礎化粧品のQ&A

 

女性

 

オールインワンジェルのメリット・デメリット

 

 

オールインワンジェルは化粧水、美容液、乳液、クリームが一つとなったスキンケアです。そのため、様々なメリットがありますが、同様にデメリットもあります。
まず、メリットとしては時短スキンケアができるという点です。化粧水から化粧下地まで一つずつ丁寧にケアをしていると、どうしても時間がかかってしまいます。そのため、仕事や家事・育児で忙しくて自分のために使える時間があまりないという方におすすめです。また、コスト削減にもなります。化粧水や美容液をそれぞれ購入していると、どうしてもコストがかかります。しかし、オールインワンジェルなら一つでスキンケアを終えることができるので、スキンケア費用をカットすることができます。
そしてデメリットもあります。まず、全てのケアが一つになっているので、丁寧な一つ一つのケアができません。そのため、選ぶ際は得たい効果に特化したオールインワンジェルを選ぶことが必要です。また、ジェルなので化粧水や美容液に比べると浸透性が低くなっています。そのため、化粧水後のしっとり感を得にくい場合があります。
このように、オールインワンジェルにはメリットとデメリットがあります。そのようなことを踏まえて利用を検討することをおすすめします。

 

化粧水の役割を徹底解説します!

 

顔を洗ったり、入浴後に何気なく使用している化粧水ですが、その役割を理解することで美容効果を高めることが可能です。何故なら、化粧水にはいくつかのタイプがあり、それぞれ役割が大きく違ってくるからです。

 

化粧水の基本的な役割は、肌に水分を補って保湿することです。洗顔や入浴直後の肌は、肌を乾燥から守る皮脂や水分が取り除かれた状態になります。ですので、このまま放置していくと、肌がどんどんと乾燥してしまいます。これを防ぐために、化粧水を使用することが大切になってきます。

 

保湿化粧水は、保湿に重点をおいたタイプになります。ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタエキスなどの保湿成分をメインに配合し、効果的に保湿ケアを進めることが期待できます。

 

これに対して、収れん化粧水は肌を引き締める役割を持ったタイプになります。ビタミンC誘導体やクエン酸などの有機酸が配合されているのが特徴で、使用することで皮脂の分泌を抑えることが期待できます。さらに、毛穴の開きを改善させていくのにも効果的です。

 

美白化粧水は、名前の通り肌を白く整える役割に優れています。シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑えたり、肌に定着した色素を還元する働きが強いのが特徴です。

 

 

乳液の役割を徹底解説します!

 

乳液の役割は肌の潤いを保ち、肌を保護することにあります。乳液は化粧水とは異なり、水分だけでなく油分も含まれていることが特徴です。乳液に含まれている油分は肌の皮脂膜を強化する役割があり、皮脂膜が強化されることで肌のバリア機能が高まります。肌のバリア機能が高まると、肌をダメージから守ることが可能になります。

 

保湿化粧品には保湿成分のセラミドが含有されていますが、乳液を塗ると保湿成分のセラミドが肌の奥まで届くようになり、潤い効果が一層高まります。乳液は肌の保湿ケアには欠かせないものであり、乾燥肌の方はしっかりと使用することがスキンケアの基本です。

 

乳液はベタつくので苦手な方もいますが、ベタつくのは油分が豊富に含まれているからです。乾燥肌の方は油分が不足していますので、肌のバリア機能が衰えています。不足している油分を補うことで肌のバリア機能が強化され、外部刺激から肌を守ってくれます。

 

乳液は洗顔後と就寝前に使用するのが最適です。洗顔後に使用すると、洗顔時にダメージを受けた皮脂膜が修復され、肌のバリア機能が高まり、潤いを閉じ込めてくれるようになります。就寝前に使用すると、就寝中の肌の乾燥を防いで、翌朝まで潤いをキープしてくれます。

 

合成界面活性剤入りの化粧品のメリット&デメリット

 

界面活性剤という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、こちらは様々なものに使われており、化粧品にも使用されています。

 

合成界面活性剤入りの化粧品のメリットとしては、洗浄力が強いという点です。

 

洗浄力が強いため、なかなか落ちないお化粧でもしっかりと落とすことができます。

 

界面活性剤が配合されていないものと比べると、少ない量で落とすことができるため、値段もお得になることがほとんどです。シャンプーや洗顔料にも含まれていることが多いですが、
肌の皮脂などもしっかりと落とすことができます。また、石鹸などは硬水で影響を受けてしまうこともあり、そちらの影響を受けないという利点もあります。

 

デメリットとしては、強すぎる洗浄力によって肌に必要となる成分までも落としてしまうことです。

 

最近では乾燥肌や敏感肌に悩んでいるという方も多く、主に合成界面活性剤入りの化粧品を使っていることが原因ではないかとも言われています。

 

強すぎる洗浄力の他にも、体内で吸収してしまうと分解することができないため、病気のリスクもあると危惧されています。肝臓の細胞自体も破壊してしまうため、
将来肝臓の病気にかかるリスクも高くなってしまいます。

 

また、人以外でも環境汚染の原因ともなってしまいます。