保湿が欲しい!乾燥肌向けのオールインワンジェル!人気ランキング!

 

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

の5つのよくあるお肌のお悩みから、おすすめのオールインワンジェルをランキング形式でご紹介します。

 

乾燥肌向けのオールインワンジェルランキング

 

 

メディプラスゲル

 

メディプラスゲル保湿

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

デメリットは?

 

オイリー肌の人は、少しベタつく&コッテリに感じるかもしれません。

 

 

保湿力が売りのオールインワンジェルのため、普通〜乾燥肌向けといえます。

 

【公式】
→https://mediplus-orders.jp

 

ホワイトニングリフトケアジェル・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

妊娠中の時、 シミ増えた!というママさんには最適です。

 

デメリットは?

 

育児で多忙・・・・マッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム

 

エミーノボーテ

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリームは目元や口元の”ハリ”や小じわやクスミが気になる方にピッタリ!

 

デメリットは?

 

返金保証がない点。

 

また、ポンプ式でない点(※好みの問題ですが・・・)
です。

 

【公式】
→http://www.sukoyaka-egao.jp

 

 

ピュアメイジング

 

シミ訴求LP

 

  • 返金保証:30日間全額保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ピュアメイジングはニキビ&シミが気になるあなたに最適なオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”1つで12役(※業界最多)”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

特にありませんが、ややべたつく!と感じる人もいるようです。
※私はそうは思いませんが・・・(汗)

 

 

【ピュアメイジング 公式サイト】
→http://puremazing.jp

 

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

 

美容のQ&A

 

美容が気になるる人

 

 

顔の乾燥肌!考えられる原因は?

 

顔は常に外部の気温や湿度にさらされるため、それらの影響を受けやすいです。特に冬場は乾燥しやすく、それに悩んでいる人は非常に多いです。もともと乾燥肌の人はもちろん、そうでない人も日頃からの保湿ケアが重要です。
顔の乾燥肌で考えられる原因の多くは、保湿ケアが十分でないことです。化粧水と乳液は欠かさず用いているにも関わらず乾燥肌に悩む人は、使い方や使うタイミングを誤っている可能性があります。基本的に洗顔の後は特に乾燥しやすいため、そのタイミングで用いることが大切であり、洗顔が終わった直後に保湿するようにしましょう。
また、外出前に保湿クリームなどで保湿しておくことも重要です。潤いがしっかりとキープできていれば、乾燥した風にあたっても影響が少なくなります。ただし、つけすぎると肌に悪影響を及ぼす可能性があるため、それぞれの保湿ケア用品の適量はしっかりと守るようにしましょう。
体の外部ではなく内部が原因の場合も考えられます。肌の潤いはコラーゲンやヒアルロン酸から成り立っているため、それが不足しているにも関わらず外部からのケアだけ力を入れても効果は薄いです。そのため、基本的には食事から、補助的にサプリメントやドリンクなどを用いて、コラーゲンやヒアルロン酸を補うことも重要です。

 

オールインワンジェルのメリット・デメリット

 

 

オールインワンジェルは化粧水、美容液、乳液、クリームが一つとなったスキンケアです。そのため、様々なメリットがありますが、同様にデメリットもあります。
まず、メリットとしては時短スキンケアができるという点です。化粧水から化粧下地まで一つずつ丁寧にケアをしていると、どうしても時間がかかってしまいます。そのため、仕事や家事・育児で忙しくて自分のために使える時間があまりないという方におすすめです。また、コスト削減にもなります。化粧水や美容液をそれぞれ購入していると、どうしてもコストがかかります。しかし、オールインワンジェルなら一つでスキンケアを終えることができるので、スキンケア費用をカットすることができます。
そしてデメリットもあります。まず、全てのケアが一つになっているので、丁寧な一つ一つのケアができません。そのため、選ぶ際は得たい効果に特化したオールインワンジェルを選ぶことが必要です。また、ジェルなので化粧水や美容液に比べると浸透性が低くなっています。そのため、化粧水後のしっとり感を得にくい場合があります。
このように、オールインワンジェルにはメリットとデメリットがあります。そのようなことを踏まえて利用を検討することをおすすめします。

 

化粧水の役割を徹底解説します!

 

顔を洗ったり、入浴後に何気なく使用している化粧水ですが、その役割を理解することで美容効果を高めることが可能です。何故なら、化粧水にはいくつかのタイプがあり、それぞれ役割が大きく違ってくるからです。

 

化粧水の基本的な役割は、肌に水分を補って保湿することです。洗顔や入浴直後の肌は、肌を乾燥から守る皮脂や水分が取り除かれた状態になります。ですので、このまま放置していくと、肌がどんどんと乾燥してしまいます。これを防ぐために、化粧水を使用することが大切になってきます。

 

保湿化粧水は、保湿に重点をおいたタイプになります。ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタエキスなどの保湿成分をメインに配合し、効果的に保湿ケアを進めることが期待できます。

 

これに対して、収れん化粧水は肌を引き締める役割を持ったタイプになります。ビタミンC誘導体やクエン酸などの有機酸が配合されているのが特徴で、使用することで皮脂の分泌を抑えることが期待できます。さらに、毛穴の開きを改善させていくのにも効果的です。

 

美白化粧水は、名前の通り肌を白く整える役割に優れています。シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑えたり、肌に定着した色素を還元する働きが強いのが特徴です。

 

 

乳液の役割を徹底解説します!

 

乳液の役割は肌の潤いを保ち、肌を保護することにあります。乳液は化粧水とは異なり、水分だけでなく油分も含まれていることが特徴です。乳液に含まれている油分は肌の皮脂膜を強化する役割があり、皮脂膜が強化されることで肌のバリア機能が高まります。肌のバリア機能が高まると、肌をダメージから守ることが可能になります。

 

保湿化粧品には保湿成分のセラミドが含有されていますが、乳液を塗ると保湿成分のセラミドが肌の奥まで届くようになり、潤い効果が一層高まります。乳液は肌の保湿ケアには欠かせないものであり、乾燥肌の方はしっかりと使用することがスキンケアの基本です。

 

乳液はベタつくので苦手な方もいますが、ベタつくのは油分が豊富に含まれているからです。乾燥肌の方は油分が不足していますので、肌のバリア機能が衰えています。不足している油分を補うことで肌のバリア機能が強化され、外部刺激から肌を守ってくれます。

 

乳液は洗顔後と就寝前に使用するのが最適です。洗顔後に使用すると、洗顔時にダメージを受けた皮脂膜が修復され、肌のバリア機能が高まり、潤いを閉じ込めてくれるようになります。就寝前に使用すると、就寝中の肌の乾燥を防いで、翌朝まで潤いをキープしてくれます。